妊娠中の腹痛を伴う出血は要注意

ニキビケア役に立ってない > 妊娠 > 妊娠中の腹痛を伴う出血は要注意

妊娠中の腹痛を伴う出血は要注意

 

妊娠中の出血で気をつける必要があるのは、腹痛を伴う出血です。

 

お腹の張りや痛みを感じていて、出血も一時的なものでないなら、流産や切迫流産が疑われます。また妊娠中期から後期にかけては、早産・切迫早産も同じような症状が表れることが多いようです。

 

また妊娠初期で心配なトラブルとして、子宮外妊娠がありますが、これも激しい痛みと出血が伴い、放置すると卵管が破裂して母体も非常に危険な状態になります。緊急に対処が必要です。

 

さらに胎盤剥離も危険なトラブルの一つです。

 

腹部が急に石のように硬くパンパンに張って、激痛と出血を伴います。これも母子共に危険な状況であり、一刻も早く病院に行くことが必要です。

 

一方で、腹痛はあっても出血はなかったり、出血が一時的なものである場合もありますが、これらについては緊急を要するものではないことが多いようです。

 

例えば、妊婦さんがなりやすい便秘でも、ひどくなると腹痛を感じたり、痔になって出血したりします。これらも対策は必要ですが、急いで行なう必要はないので、まずは安心です。

 

それでも、感じ方や症状は人によってかなり異なることもあります。さほど痛みもなかったのに切迫早産だったということも珍しくありません。

 

やはり自分の判断で「たいしたことない」と決めつけずに、その都度医師に相談しつつ体調を管理していくことが大切です。

妊婦がプルーンを食べることのメリットデメリット